プロペシアジェネリックの種類

男性が抱える悩みの一つであるAGA(男性型脱毛症)。
クリニックなどでAGA治療に有効な医薬品として処方されているのがプロペシアです。

プロペシアはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制し、脱毛を予防する効果が高いことで知られいます。
そのためAGAの治療には必要不可欠な薬となっています。

ところが、AGAの治療には保険適用がありません。
一般的に発毛効果を実感できるまでには早い人で3ヶ月、平均的には半年以上からといわれていますが、その間、全額自己負担での治療になるため高額になってしまう問題もあります。

そこで、「AGA治療を始めたいが、治療費が心配でなかなか始められない」という人のための選択肢として、安価なジェネリック医薬品を使用するという方法もあります。
ジェネリックならプロペシアと同じ成分を使用した医薬品を安く購入できるので、治療にかかるコストも低く抑えることができます。

プロペシアと同じ成分を配合したジェネリック医薬品には、フィンペシア、エフペシア、フィナロなどがあります。
これらのジェネリック医薬品は、どれもプロペシアの10分の1程度の価格で購入することができるため、継続的な治療費を低く抑えることが可能です。

ジェネリック医薬品の場合、臨床試験をクリアしていても日本の厚生労働省で認可されていないものもあるため、病院で処方してもらうことができないものがあります。
そういった場合はインターネットで輸入代行業者を通じて購入することができます。
医薬品の個人輸入に関しては医薬部外品であれば用法用量からみて2か月分以内、処方せん薬であれば1ヶ月分以内が薬事法により購入可能な量となっています。

ただし、輸入代行業者を利用した個人輸入に関しては十分な注意が必要となりますので、自己責任において慎重に行うことが重要です。

■フィナステリドが入ってるプロスカーが最近人気です